熊ちゃん最終出勤日

2006年に本社が今の場所に移転して父の跡を引き継ぎ僕が社長になりました。 その1年後、2007年の秋に入社してくれてます。13年と半年。

当時は熊ちゃんもくわえタバコをしながら倉庫作業をしてたのを思い出します。


2007年頃はというと会社の成長段階でいうと間もなく10億の壁が目の前にあって今までのやり方では全てうまくいかなくなってくる そんなタイミングでした。

 翌年 印南の倉庫を出ていかなくてはならなくなるタイミングです。よく言われる 分業をしていかないとならなくなって その分業の弊害がイッパイ噴出してくるタイミングでした。色んな意味でピンチな状況の中で 今ほど社内も整備ができていない 投資もできてない そんな状況で入社していただいた。

社長になって1年ちょい、経営者としてもまだまだ未熟な部分だらけの状況で大変な部分が多い中 頑張っていただいた。

役割でいうと倉庫リーダーの青木の影で 文字通り 分別ある大人として 正しいこと 正しくないことをしっかり言える ある意味 倉庫が 経営者の目の届かない所で運営していかないとイケない中 当社を支えてくれました。

おそらく、そんな面では 居なくなると熊ちゃんが果たしてくれた役割がジワジワとこの会社に響いてくると思ってます。

又 そんな面とは裏腹に 責任感の強さからチャーミングな面も多く 思い出もイッパイあります。楽しいイベントや肝心な時には出れない 居ない という変なジンクスも何度も披露してくれました。

当時と比べても 多少 うちの会社も会社らしくもなってきて 来年 待望の働く環境が 良くなるタイミングで卒業は 熊ちゃんらしいのかもしれないと思ってます。

同世代 しかも高校から共に戦った仲間として 最後 定年まで一緒に居たかったですが、体調のこともあり卒業となりました。

毎回思うのですが、必要なタイミングで必要な方が現れてくれてた。熊ちゃんもまさにそんな存在でした。

今後はこの会社がまだまだよちよち歩きの大変な時に頑張ってくれた卒業生として付き合って頂きたいと思ってます。

コメント

このブログの人気の投稿

僕の苦手な話 3つ

毎年恒例のうちわが今年も出来上がりました