投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

「チームワーク」を最も重要視する その経緯

イメージ
先日、大阪で居酒屋を経営している社長さんが見学に来てくれました。事務所もそうですが お客さんに来ていただくと丁度いい機会だということで片付けをやりましたが ホントに良い機会でした。
そういうタイミングで色々見直せるので改めて区切りの必要性を感じました。
そのときに質問をもらった内容で「なんで御社は色んな取り組みを実施してるんですか?」という質問をいただきました。
その時の答えは「色んな事が起きました」だったのですが、その色んな事の話をします。

・会社の人数が少ない頃はあまり感じなかった事です。
チームワークについては
・もともと僕自身は会社の業績とチームワークに関係があるとは考えてませんでした。 ・スポーツではチームワークが勝敗に影響あるのはとても理解できていたのに それと仕事が僕の中では それほど繋がってなかった。
それが実際は5人以上になった頃から色々やりにくくなってきた。
職場は ・一人ひとりは 頑張ってくれてるが人数が少ない頃にはあった 職場としての一体感が持てない。 ・忘年会などを開催してもコチラが気を使って疲れるだけ、もちろん皆も同じだったとおもいます。
・それぞれが言いたいことを言えていない ・意見の対立はネガティブだというイメージ。 ・ストーミングに入れない。意見を飲み込んでいる。 ・今も多少あるかもしれませんが 当時 問題や間違いが起きると「なぜ?」を5回 トヨタ方式  本来は根本の原因を「人」の問題ではなく「仕組み」としないとイケないのに原因を深く突き詰める習慣が組織に無いので仕組みの解決までなかなか到達できない。
・スタッフに体調不良者が出てきた ・僕自身も理解者が無く経営者として孤独感がとても高まってきた。
・業績も踊り場
そんな事が会社で起きていました。実際はもっと色んな事が起きていたと思います。

・チームワークについては 殆ど何も言わない父親が唯一良く言ってた言葉が「ええチームワークでやってくれ」という使い古されたような言葉です。
そういった経緯があって僕たちの会社では「チームワーク」を最も重要視します という価値観が一番最初にあります。

社長の仕事時間は年間4000時間

先日 目からうろこ な話があったので紹介させていただきます。
その紹介をする前に
毎週やってるリーダーミーティングで数ヶ月前だったと思いますが 何の話の流れからだったか「うちの会社は役員は置かないんですか?」という質問がリーダーからありました。
 その時に僕が答えた内容は まだ子育ての最中で子供が寄り付いてくるうちは 経営者として関わるのは適当じゃないと思う。役員になってもらったら週に2日も休ませない。というような話をしました。その時のリーダー4人の反応は「週2日休みでも大丈夫でしょ。」という反応だったと思います。
やり取りはそこまででしたが、僕の中では こいつらまだ甘いな という印象で でもそれ以上この話をしても伝わらないし 僕自身も今の時代だから週に二日くらい経営者も休養を取れるような会社じゃないとイケないのかもな〜 くらいに考えてました。
先日 福井県のユニホームネクストの社長がブログで書いてたことが目に止まって 目からうろこ だったので紹介します。
ランチェスター経営戦略 
会社の業績を良くするには社長の実行力が大事 その実行力の67%は目標に投入する時間量で決まる
通常業務+学習時間=仕事時間
社長はこの仕事時間を増やさないといけません。年間に3200時間〜3700時間は必要。 できれば4000時間働きなさい。ということです。
一般の8時間勤務の方で 1880時間 毎月50時間残業をしたとして 2500時間
必勝の3200時間 圧勝の3700時間 決死の4140時間 超人の4530時間 と言うようです。
本田宗一郎 年間5000時間を35年間 京セラ 稲盛 年間5000時間を30年以上 ビル・ゲイツ 年間6000時間以上
勉強不足で こんな話は初めて知りました。
今は僕も集中力がなくて疲れが出てきますので そんなに出来てないですが ネットショップを立ち上げた30代の後半から40代は かなりの時間を費やせたと思います。
とても幸運だったのは この商売はパソコンさえあればどこでも出来ることです。
子供が小さい頃 剣道をやってたんですが夜9時に練習が終わるのでその時間までは最低やろうという風に考えていたり 年に一度 夏に家族3人で お泊り旅行に行った時も ノートパソコンを持って行きました。日曜や祝日も時間が空けば自宅で何かしらやってたと思います。
ただ、この商売は そういうことで 場所に関係なく仕事がやりやす…