投稿

12月, 2019の投稿を表示しています

久しぶりにヘリウムリングとブラインドスクエアを実施してみて

イメージ
この数年 年に2回行ってるオフサイトミーテティングを先日実施しました。 午後は丸々 チームビルディングのアクティビティーにあてて 久しぶりにヘリウムリングとブラインドスクエアを実施しました。 今回は僕以外での参加者が18名となったので ヘリウムリングは2チームに分けて実施 両チームで交代で行ってタイムを競うスタイル ブラインドスクエアも18名なので ルールを少し変更して ゴールの形も初めて体験の形にして実施しました。 結果 当社のメンバーで比較的多かったと見られる傾向は ・正解がわからない課題では無理そうなプロセスを辿っていても途中で修正を加えれるメンバーは少なかった。(言い換えれば新しく出たアイデアは極力尊重してチャレンジしようとする風土) ・ゴールもプロセスも正確に理解できなくても指示されたことは完璧にやろうとするメンバーは多かった。(これは言い換えると指示待ちになるのかな) 今回、初めての形に挑戦したのもあってか僕の中でも色んな気付きがありました。 ・明確なゴールと その共有 ・最適なプロセスと その共有 この重要さを再認識する機会にもなりました。 メンバーひとりひとりについても やはり普段の仕事への取り組み方と似たスタンスが垣間見えたシーンが多かったように思いました。 それぞれ皆んなも色んな気付きがあったようでした。 時間もピッタリに終えれて良かった。

過去と未来の見えてるところと見えてないところを共有

イメージ
先週、三者面談をほぼ全員終えました。 今回は全員に「チームの課題」「自分自身の課題」「潜在化・顕在化」の見えてないところ という問いをしました。 同じチームでも 其々のポジションで課題が 少しづつ違ったりしました。 それぞれの強みによっても違うし 主に担当している業務内容によっても違う 勤務年数によっても違う 潜在化・顕在化の質問でも 其々の立場で色々違ってました。 今週末、1年に2回開催しているオフサイトミーティングです。 各チームの今期の振り返りと来期の取組では 過去と未来の見えてるところと見えてないところの共有をします。 委員会も同様、過去と未来の見えてるところと見えていないところを共有。 午後には時間をとってアクティビティーを実施 「ゲームを通じて仕事においてのチーム作りの考え方やツボを実際に体験しながら体得する」 今まで見えてなかったことが見える良い機会にもなると思います。

二十数年で全然変わってない話 と 二十数年で大幅に変わった話

イメージ
先週 お休みを頂いて 伊勢神宮に行ってきました。 母校の公式戦を観るのは久々でしたが、お陰様で優勝できました! 今回はどういうわけか 無性に伊勢に行こうと思ったわけですが それが何でか 一つ思い当たる出来事がありました。 現役当時お世話になった大先輩に 事前に来られることも知らなかったのですが 25年ぶりくらいにお会いすることができました。どんな先輩かというと あの方が居なかったら現役中に日本一を経験することが出来なかっただろうな という存在の方です。 久しぶりにお会いしましたが 現役の頃と全く同じで 全然変わらなかった。 違う話ですが 昨日 御坊の映画館でターミネーター ニューフェイト という映画を観てきました。007,ミッション・インポッシブル、ターミネーター 僕の大好きな3シリーズの一つです。 昨日は たまたま1日だったので1100円で観れました。 映画の評価は色々あるでしょうが、僕はとても面白かったです。 最新作はターミネーター2の続編と言われてます。シリーズ第二作のこの作品は名作と言われてるのでどこかしらで観られた方も多いと思います。 そんなターミネーター2が公開されたのは1,991年なんですが 1991年(平成3年) は何があったか? 文化祭の時の年表にはまだ記載が無かったと思います。 1991年は 僕が入社して4年。 法人設立の翌年。 結婚した2年後。 まだ南部駅前にアパートを借りて住んでました。 又 この年には長男が生まれました。 もちろん自宅にインターネットの接続などまだありません。会社に1代目のパソコンが導入されたのがWindows3.1ですのでこの翌年だと思います。 滝村がターミネーター2の前年に入社してくれて 片山さんがターミネーター2公開の翌年に入社されてます。 シュワちゃんはどうみてもお爺ちゃんになり サラ・コナーもお婆ちゃんになってました。 この28年間に先日の年表ではないですが世の中も大きく変わりました。当社もまだ今の商売の影も形も無かった状態です。 この数年で 大きく世の中がまた変わる と言われてますが 間違いなく10年たてば想像出来なかったような大きな変化があるように思います。 ターミネーター2を観てそんな28年の歳月を改めて感じました。