投稿

7月 22, 2019の投稿を表示しています

価値ある仕事で しっかり振り返りをすることの大切さ

先週 採用チームの手配でヘッドハンティングの会社の方とお話をしました。WEBチームディレクターを募集している案件です。

その会社はヘッドハンティングをしたりECのコンサルもしたりしています。業界の状況をある程度熟知しているのですが 当社が募集しているような人材は非常に世の中に少ないということです。まして転職しようとか その転職先は田舎でも良いという事になるともっと希少価値になる。

今後、10年はまだこのEC(eコマース)の市場は伸びていくでしょう。市場規模が大きくなるとそこで働く人もたくさん必要になります。今後 まだまだこの業界の人材は足りなくなります。ということです。

どういうことかというと この業界の現場を経験することは考え方によっては 自分自身の市場価値を高めることにも繋がるように思います。

そういう意味ではWEBディレクター職だけに関わらず 他の部署でも 倉庫の部署でも 受注でも ECの経験をすることは 世の中的にはまだまだ需要の広がる仕事だと言えます。

そんな中でどう働くと より自分の価値を高めていけるのか?

「作業内容だけ覚えて出来るようになる」これだけでは同じ商品を扱ってれば役に立つかもしれませんが、本来の自分の力にはならない。しっかり今まで起きていたこと 今起きていることの枠組みを理解して 自分たちがどう解決していったか 今後 どう取り組んでいくかの 骨組み 構造 をしっかり理解しながら仕事に取り組む。

しっかり振り返りをする

それが重要かなと。

今やってる仕事を しっかりフレームワークを理解して問題意識をもって取り組めば 今 とても世の中で必要とされる 潰しの効く仕事なんじゃないかと思いました。

何をやってても価値はありますが、経営者としては今やってもらってる業務内容が 世の中でとても必要とされている のはとても良い事だと思いました。