投稿

8月 8, 2019の投稿を表示しています

Rakuten オプティミズム 2019 振り返り

イメージ
前日の準備を含めて 7月30日〜8月3日 5日間の日程の楽天オプティミズム2019 僕も後半の日程で参加してきました。前半後半 参加した皆さん大変お疲れさまでした!
(水売りのイラストを書いていただいた伊東先生と初 記念撮影)

また社内で少ないメンバーで回していただいた方々もお疲れさまでした!

行っていただいた方、残ってもらう方 メーカーの方々ともに 事前に価値観の共有もできたように思いますし、その重要度も改めて感じました。



前回の2015年 楽フェスには大きな目標がありました。もっともっとインターネットでソフトドリンクを購入してもらおう。ただ、その目標はリアルでのイベントではとても高いものと打ち砕かれました。



今回、当初 僕の中でイメージしていたのはEXPOやカンファレンスと楽フェスが合体した同時開催のモノというイメージでしたが 実際はビジネスカンファレンスに来ていただいた楽天の関係の方々がほぼ対象のイベント。



終えてみると 「ビジネスカンファレンスに小間出店した」
そんな印象だったかなと思います。

楽天も相当費用をかけて 通常の5倍くらいの費用を投じて開催しているようでしたし スポンサーにもかなりの無理をしてもらってるイベントのようでしたので 今後 今年終えてどう進化していくか また 楽しみです。

加工してその商品を物販をするというのは 僕自身も 初めての経験でした。開催するまでは非常に気をもみましたが
でもやってみるとそれ自体は難しいものでもなんでもない。
どんなことでも 一度やってみると一気にハードルは下がるなと思いました。

今回のオプティミズムは明確なミッションが自分の中でも言語化できないままでした。ただ、楽天がやろうとしている初回は積極的に参加しよう。リーディングカンパニーを目指す我々なんだから同業者の中では真っ先にチャレンジしてみよう。メーカーや業界に対しても先陣を。というような そんな思いが強かったように思います。

実際は「言語化出来ないままふわっとした中で、関係する方々と一緒にイベントを成功させる事」が目的となっていたように思います。

出店が決まってからは 普段やったことのない非日常の連続でした。

この非日常は当日まで、また当日 どういったことをもたらしたのか?



当日までは
・お客様に対して我々は実際何をどう提供できるか?
・協賛頂けるメーカー…