投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

一万時間の法則

イメージ
「一万時間の法則」

スポーツでも趣味の分野でも仕事でも 1万時間かけるとそこそこになる という法則です。

語学なんかもそうかも知れません。海外に住んで2年くらいすると覚えてしまったり。

逆にセンスが良くてもそれくらいの時間をかけないとモノにならない。ということかなと思います。

1万時間 
一日3時間だと約10年

仕事で8時間かけるとしたら 4年〜5年

うちの仕事でも業務内容によって色々ですが 例えば 電話対応・UIに優れたページづくり・通販に特化した倉庫運用・色んな事が 一万時間かけるとプロのレベルまで習得できる。

合わせて同時に習得していただきたいのが「チーム作り」

当社で本格的にチーム作りを言い始めたのが 2013年からなので そろそろ1万時間くらい費やしてきたかもしれません。

「チーム作り」
当時と比べても実際 上手くいってるかどうかは別として理解は進みました。


改めて
それぞれが 今やってる実務のプロとして

また チーム作りを実践するプロとして こちらも皆が習得してくれると良いなと思います。

すべてのステークホルダーに自分たちの理念や価値観を理解していただく

イメージ
先日、顧問労務士をやっていただいている山岡先生と会食をしまして今後の会社の待遇など次のステージに向けての話し合いをしました。

目的は それに向けて優先順位などいろんな提案をしていただくことでした。

もう一つは 当社の価値観を理解していただく。(社内外問わずチームワークを最も重要視します)

この2つだったかと思います。

山岡先生とは 10年以上前になると思いますが、給与計算をして頂き始めたのがきっかけでした。

当時はこの会社にも理念らしきものがなく もちろん価値観もあるとしても自分の中 それも自分自身もあまり理解できてないくらい深いところにあったくらいです。

その後も就業規則を作っていただいたり 頻繁に様々なアドバイスを頂いたりしてましたが、今回のように なかなか時間を割いてゆっくり自分の 自分たちの考え方をお伝えするような機会もなかったです。

3時間くらい色んなお話をできましたが、では具体的に何をどうしていくか その答えはやっぱり自分たちで組み立てていく。
多少なりとも自分たちの価値観は共有させていただけたかなぁと考えます。

今日は社内外問わずチームワークを最も重要視する。
そのために まずは自分たちの理念や価値観を理解していただく。

これは顧問の先生だけじゃない

関係するすべての取引先にコトあるごとに伝えていくことが大事で

すべてのステークホルダーに自分たちの理念や価値観を理解していただく。共有していく。その重要性を改めて感じました。