投稿

9月, 2020の投稿を表示しています

eコマースで飲料をお届けする 販売する このビジネスの本質は?

イメージ
そもそも店頭で買うのと何が違うのか???1.販売するタイミングはどうか?というと 店頭販売の場合 従来は現物の在庫が入って店頭に並んでから販売です。 eコマースは現物があっても販売できませんが、逆に現物がなくてもデータが揃ってページに掲載すれば販売可能です。2.購入するタイミングや場所はどうか? 従来はお客様が営業時間に店舗に行った時に購入するわけですが eコマースは24時間・自宅や会社から購入します、又 スマホの普及で休憩時間や通勤の電車の中でも購入できることになりました。 又 何かをしながら(テレビを見ながら、デスクワークをしながら、家族で画面を見ながら)購入もできます。3.商材という切り口ではどうか?現状我々は市販の商品をそのまま箱で販売してるだけですが 例えば商品の大きさは?という観点で言えば
  店頭なら自分が持って帰れるサイズですが、eコマースなら宅配業者が運べるサイズであればOKです。 単価は?という観点からだと
  店頭だと1点あたりの価格は数百円程度まででそれ以上の商品は販売しにくいと思いますが、eコマースの場合は3,000円代の商品が販売しやすいと言われてます。 パッケージは?という観点では
  店頭ではパッケージだけで商品の説明が完結されてないと販売しにくいですが、eコマースの場合はラベルレスのような商品もOKです。4.では商品がお客様の手元に届くタイミングは・・・ 店頭では決済をする前に手に取ることが出来ます。 eコマースは 決済も済ませて最短翌日以降、例えばクラウドファンディングなら 別に一年後でも可能。5.商品価格は? 店舗からの自宅や職場まで お客様が労力を使う 自宅や職場までのお届け先までのコストをお客様が支払う。
 ただ、ギフトも自宅消費も同じコストで手に入るというのもeコマースの特徴です。まだまだ他にも切り口は有ると思います。
この違い、この商売の本質を理解して 常にこのビジネスに取り組む事が必要だと思ってます。

「退路を断つ」僕の中でのイメージ

イメージ
土曜日に発表したワークシートで「退路を絶ってガムシャラにやるしかない」と雑に書いたのを紹介したのですが。。。
「退路を断つ」って良く聞く言葉です。
武勇伝を語りたいわけじゃないですが。。大学を卒業する時に弓道部で文集を作りました。 文集自体はレベルで言うと中学生くらいのフザけた文集です。まぁ何を書いても良いわけで 似顔絵を書いて済ます人もいれば、意味のわからない空想の話を書いて終える人もいたり 後輩も先輩を弄り倒してる文を書いたりと様々なんですが、どういうわけか 僕は 退路を断つ そんな話を書いてました。なんでそのタイミングでそんな文を書いたか覚えてませんが 2つ考えられるとすると一つは 個人競技としての競技中に何度も感じた事だった。もう一つは チームがタイトルを目指す上で とても重要だった。ということだったと思います。 「人はとても弱い生き物だ」というとカッコいいのですが「僕自身がとても弱い」という事が解ってました。 とても弱いから 逃げ道を塞がないと 自分では意識しないうちに(←ここが重要)逃げ道に流れてしまう。そうならないように まず逃げ道になりそうな所を頑張って蓋をする。僕の逃げ道は一箇所どころじゃないです。 だいたい 誰しも逃げ道は残しておきたいモノです。そこにあるのが解っていても見ないふりをしてそのまま残しておきたかったりする。その全てに蓋をしていく。そういった地味な作業をする事が何より重要だった。逃げ道が無くなったら弱い自分でもどうにかなった。そんな印象です。「退路を断つ」その言葉から想像するイメージは 崖の突端で 自分が渡ってきた橋を壊す そんな感じを誰しも想像してると思うのですが 僕の中では そんな壮絶な兵士のようなイメージではなく ビニールプールの穴の空きそうな所を全て補修してしまう。そちらの方が近いです。
要は 水が漏れそうな逃げ道を塞げれば 誰でも どうにかなる。というのが僕の考えるイメージです。

リーダーシップは「これをこうしたい!」と口に出して言うことだそうです。

イメージ
最近、事務所に空気清浄機と非接触の体温計が入りました。印南町が職場の感染症対策に補助金が出るタイミングで片山さんが補助金を活用して色々手配してくれたものです。 少し前には観葉植物が2個。倉庫でいうと壁掛けの業務用扇風機。これも誰かが最初に言い始めた「これが必要で買いたい」と言ったことがスタートになっています。リーダーシップはこれをこうしたい というふうに口に出して言うこと らしいです。そういったお買い物だけではなく 例えば
コロナが始まったタイミングで それまでやっていた全体ミーティングでカレー作りを中止したのもそうです。「このタイミングなので止めたほうが良い」と誰かが言ったことで半年くらい しばらく中止しています。狭いので事務所に全員集まってというのも止めてます。 リーダーシップを発揮するというと敷居が少し高いかもしれませんが、自分自身が考えている「こうしたい」と思っていることを口に出して言う。
まずはそのことからかなと思います。業務面、労務関係、作業面でも、お仕事の環境についても 誰でも何かしら「こうしたい」 そういうことが有ると思います。 9月は三ヶ月に一度の個別の面談の月です。今回は久しぶりに僕だけで面談をやる予定です。「こうしたい」と思ってること 是非聞かせて貰いたいなぁと思ってます。