投稿

5月, 2021の投稿を表示しています

既存メンバーと新人メンバーの違い(メモ)

新人の方が多くなってきました。 既存のメンバーと新人の方とでは何が違うかを考えてみました。 ・社内の業務経験と業務知識の差   →この部分が実務に直結するので主にOJT(現場での実務)で既存メンバーが指導していますが、その内容はどのチームにしても膨大である。マニュアルも整備できつつあるが P の分野のマニュアルが殆どで M の分野まで網羅できていない。 ・理念や価値観・行動指針の浸透度合いと その背景   →既に出来上がったモノを唱和するのは簡単ですが、腹落ちして理解・浸透するのは難易度が高く 理解してもらうのはとても時間がかかるし既存メンバーでもどの程度 理解・浸透・実践してるかまで考えると難易度が高い。また その背景まで理解できているのとそうでないのとでも違いが大きい。 ・組織や業績・業務内容や作業方法・取引等、この会社や業界が過去からどう変貌を遂げたか   →業績の推移は伝えているがそれのみ その他 過去からこの会社や業界がどう変貌を遂げてきたかまでは伝え切れて無く、その経緯が理解できてない事での認識の違いは起きてしまうし重要な部分である。この部分の共有をどうしていくかも大きな課題。 ・上記、過去からの変貌を理解するとともに どこを見ているか どんなところをベンチマークしているのか 何に自分達は影響を受けながら未来に向かってるか の視点も共有していくことが必要。 ・メンバーの凸凹やトリセツの把握   →5つの強みやトリセツを実施しているのとコミュニケーションの仕組み等で年単位の時間を掛けてそれぞれの凸凹を把握していってもらうがそもそもとても時間がかかる。もちろん凸凹だけではなく 考え方や行動の癖なども理解する必要もあります。深く凸凹やトリセツを把握できるまでは「1.1力」ではなく「1.5力」くらいででのコンタクトの必要性もあり。 ・自分自身の自己開示   →こちらも上記同様 コミュニケーションの仕組み等で年単位の時間を掛けて自己開示していくが そもそも自己開示の苦手な方の方が多い。 これらの差分を少しでもどう埋めていくかが課題。

使わないようにしたいなと思ってる言葉(その2)「関係ない」

イメージ
この言葉も非常に便利な言葉です。身近な家族や関わりが濃厚に成ってきた関係性 や そんなタイミングでよく使ってた言葉。 少し深く関わり合ってるから起きてきている面倒な事、煩わしいこと そんな事から距離を置きたい 割り切りたい 面倒なことから逃げたかったり これ以上踏み込んでもらいたくない そんな時にとても都合よく使っていた。 「関係ない」という言葉 「関係ないだろ」「関係ないよね」「関係ないから」 若い頃は 自分の中で都合よく世界が分断されているという考えでした。 職場は職場・家庭は家庭・学校は学校 学生時代の友人達 と 田舎での友人 仕事上の付き合いの方々 と 地域の方々 と 親戚関係の方々 僕自身も色んなコミュニティーに属してて 大切にしたい場所と 重要視しないとイケない場所 なかなか注力できない場所 それら全てが都合よく分断してる。 言い訳かもしれませんが自分のキャパシティーを考えて 自分にとって肝心な ある部分だけ上手くやろうとするわけですが 上手く行かない 実際は 世の中は1つしかなく 都合よく分断なんかされていない 都合よく分断などされてなく全てが繋がってる 関係無いなんて事も無く なんなら全てが関係しまくってる 職場・家庭・学校 学生時代の繋がり 今の繋がり 仕事 プライベート 地域 全てが繋がってる。全てが何らか関係し合いながら全ての出来事が起きあってる。 口癖のように使ってた「関係ない」なんて言えることは何一つ無く 「全てが関係しあってる」 今はそんなふうに考えています。