投稿

8月, 2019の投稿を表示しています

6回目のオフサイトミーテイングを実施しました

イメージ
8月17日 オフサイトミーティングを実施しました。



会社を離れて基本全員でやるのは2017年3月に初めて実施なので今回で6回目です。

今回も普段とは違う一面が見れた方もいてホントに楽しい一日でした。

アクティビティーの中で時間のかけたのは「エブリバディアップ」と言うそうです。



このアクティビティのリフレクションと学習の効果性

ちなみに

リフレクション(内省)とは、人材育成の分野において「自分自身の仕事や業務から一度離れてみて、仕事の流れや考え方・行動などを客観的に振り返ること」です。 失敗したこと・成功したこともすべて含めて見つめ直し、気づきを得て、新たな行動へとつなげる未来志向の方法論です。

ちょっと読みます。

メンバーが自分に対して協力的であることを実感でき、共に課題に取り組む意識と姿勢が、維持調整機能の醸成、課題達成を実現することを理解できます。身体的、精神的なリスクが高まることで、周りのメンバーと強い絆で結ばれていることを実感できます。また、相互信頼の感情がこのアクティビティに対する自己動機付けとなることを理解できます。最初は到底不可能だと思ったことでも、チームで本音を言いあって解決策を考え、全員の集中力をもって実行すれば成し遂げられるということを理解でき、またそれにともなう充実感と喜びを体感できます。

まさにその通りでした。

リフレクションしてみます。

当社で何度も何度もやってるブラインドスクエアとはまた違いました。

・最初からメンバーと体が触れ合う機会がとても多かった。(体が触れ合うことで心理的安全性がより高まった)

・体への負担がとても多かったので おのずとどう感じてるかは伝えやすかった(キツイーとか アチコチ痛いー等)

・何度もチャレンジの機会があった。(小さな改善は何度も出来た)

・目隠しをしてないので何が起きていたかよくわかった。(・指示する人と指示をもらう人というふうに明確に別れていなかった。)

時間制限をすること

・全員の集中力が高まるとパフォーマンスも高くなった

僕の中でのテーマはお伝えしたとおり「一つの生命体のようなチーム」でした。

当日スケジュールをこなしていく中で そのことを考えれたのか?

なかなかその場その時に集中してると考える余裕も無かったんじゃないかなと思います。

「一つの生命体のようなチーム」

どこかのタイミングでリフレクシ…

リアルイベントは消費され流れて消えていくものでは無くなった

少し前に話題になった政治の話

小泉進次郎議員と滝川クリステルさんの結婚妊娠でそれほど話が出てこなくなりましたが・・

 そのちょっと前に参議院選での N国 と れいわ新選組 が躍進したというニュースがありました。れいわ新選組は参議院比例区で2議席を獲得した。選挙はこの年令になっても必要以上に興味がなく知らなかったのですがSNSで山本太郎議員の街頭演説がバズったのも躍進の一因 というニュースで知りました。

 街頭演説はたとえは東京のど真ん中で開催して1000人集まって聞いてくれても1000人にしか実際のその言葉は届かない。その場で消えていくモノ。消化されて消えていく。

テレビが出現してもテレビは有限なので出来事は選別され編集され本来自分たちが伝えたいモノは伝わらないメディアともいわれます。

それがインターネット・SNSなどの出現で その場で起きた出来事がそのままの状態で 共感した方がどんどんバズって共感者や支援者が広がっていった。それがあの躍進に繋がったというものです。

メディアといっても
テレビは局にも限りがあるし時間にも限りがあって厳選されて編集される。

物販でも同じ
リアル店舗は売り場面積に限りはあるので厳選される。


先日、オプティミズムの振り返りにも書きました。
リアルイベントは単に消費され流れて消えていく モノではなくなった。

今週末 土曜日に 丸一日 会社を離れ実務を離れてじっくり研修をします。

この社内イベントも 我々が日頃 何を大切にしてるか 外部の方々にも伝えれる内容にしたいと思います。

Rakuten オプティミズム 2019 振り返り

イメージ
前日の準備を含めて 7月30日〜8月3日 5日間の日程の楽天オプティミズム2019 僕も後半の日程で参加してきました。前半後半 参加した皆さん大変お疲れさまでした!
(水売りのイラストを書いていただいた伊東先生と初 記念撮影)

また社内で少ないメンバーで回していただいた方々もお疲れさまでした!

行っていただいた方、残ってもらう方 メーカーの方々ともに 事前に価値観の共有もできたように思いますし、その重要度も改めて感じました。



前回の2015年 楽フェスには大きな目標がありました。もっともっとインターネットでソフトドリンクを購入してもらおう。ただ、その目標はリアルでのイベントではとても高いものと打ち砕かれました。



今回、当初 僕の中でイメージしていたのはEXPOやカンファレンスと楽フェスが合体した同時開催のモノというイメージでしたが 実際はビジネスカンファレンスに来ていただいた楽天の関係の方々がほぼ対象のイベント。



終えてみると 「ビジネスカンファレンスに小間出店した」
そんな印象だったかなと思います。

楽天も相当費用をかけて 通常の5倍くらいの費用を投じて開催しているようでしたし スポンサーにもかなりの無理をしてもらってるイベントのようでしたので 今後 今年終えてどう進化していくか また 楽しみです。

加工してその商品を物販をするというのは 僕自身も 初めての経験でした。開催するまでは非常に気をもみましたが
でもやってみるとそれ自体は難しいものでもなんでもない。
どんなことでも 一度やってみると一気にハードルは下がるなと思いました。

今回のオプティミズムは明確なミッションが自分の中でも言語化できないままでした。ただ、楽天がやろうとしている初回は積極的に参加しよう。リーディングカンパニーを目指す我々なんだから同業者の中では真っ先にチャレンジしてみよう。メーカーや業界に対しても先陣を。というような そんな思いが強かったように思います。

実際は「言語化出来ないままふわっとした中で、関係する方々と一緒にイベントを成功させる事」が目的となっていたように思います。

出店が決まってからは 普段やったことのない非日常の連続でした。

この非日常は当日まで、また当日 どういったことをもたらしたのか?



当日までは
・お客様に対して我々は実際何をどう提供できるか?
・協賛頂けるメーカー…