投稿

7月 23, 2018の投稿を表示しています

父の通夜 告別式が終わりました

イメージ
先週の通夜・告別式、また入院中も色々と迷惑をかけました。

社内のスケジュール変更など協力いただいて申し訳なかったです。

今週からは少しずつ通常業務に戻れるようにしたいと思います。引き続き会社関係での葬儀の後の対応などよろしくおねがいします。

今回の父親の入院については様態は良くないのは理解していましたが、僕の中では このところの入院と同様 ステント入れ替えで数値が戻り退院という予定でした。



状態が変わったのが5日の説明。そのときに主治医の先生から聞かされたのが「このまま処置をしない選択肢もある」と言われました。

振り返ると 父は非常に家族に頼るのが上手だったなぁと思います。

僕は父ほど上手に出来ないです。

それまでは一緒に聞いていた主治医の先生からの治療方法も 最後の治療の時は「お前達だけで聞いてきてくれ」と 僕と妹だけで 最後になった手術の説明を受けることになりました。

その説明を受けて 2週間後ですので そんなに早く 亡くなる日が来るとはその時の説明では 思わなかったですが、本人は 今までとは違うと感じていたんだと思います。

最終的に 主治医の先生が言う治療をお願いした結果ですので 非常に後悔が残ってます。

6年前だったか、あの治療ミスや 今回の父の死。この一連の出来事の意味はまだ 僕自身には解らないです。 いずれ理解できるタイミングが来るだろうなと それも父からの重要なメッセージなんだろうと今は想像してます。