eコマースで飲料をお届けする 販売する このビジネスの本質は?

そもそも店頭で買うのと何が違うのか???

1.販売するタイミングはどうか?というと

 店頭販売の場合 従来は現物の在庫が入って店頭に並んでから販売です。

 eコマースは現物があっても販売できませんが、逆に現物がなくてもデータが揃ってページに掲載すれば販売可能です。

2.購入するタイミングや場所はどうか?

 従来はお客様が営業時間に店舗に行った時に購入するわけですが

 eコマースは24時間・自宅や会社から購入します、又 スマホの普及で休憩時間や通勤の電車の中でも購入できることになりました。

 又 何かをしながら(テレビを見ながら、デスクワークをしながら、家族で画面を見ながら)購入もできます。

3.商材という切り口ではどうか?

現状我々は市販の商品をそのまま箱で販売してるだけですが

 例えば商品の大きさは?という観点で言えば
  店頭なら自分が持って帰れるサイズですが、eコマースなら宅配業者が運べるサイズであればOKです。

 単価は?という観点からだと
  店頭だと1点あたりの価格は数百円程度まででそれ以上の商品は販売しにくいと思いますが、eコマースの場合は3,000円代の商品が販売しやすいと言われてます。

 パッケージは?という観点では
  店頭ではパッケージだけで商品の説明が完結されてないと販売しにくいですが、eコマースの場合はラベルレスのような商品もOKです。

4.では商品がお客様の手元に届くタイミングは・・・

 店頭では決済をする前に手に取ることが出来ます。

 eコマースは 決済も済ませて最短翌日以降、例えばクラウドファンディングなら 別に一年後でも可能。

5.商品価格は?

 店舗からの自宅や職場まで お客様が労力を使う

 自宅や職場までのお届け先までのコストをお客様が支払う。
 ただ、ギフトも自宅消費も同じコストで手に入るというのもeコマースの特徴です。

まだまだ他にも切り口は有ると思います。


この違い、この商売の本質を理解して 常にこのビジネスに取り組む事が必要だと思ってます。

コメント

このブログの人気の投稿

Rakuten オプティミズム 2019 振り返り

楽天市場 いわゆるソフトドリンクのお店 出店 20周年 ごひいき会

車を購入しました