中江のルーツは大阪の柴島だった

7月もまもなく終わりです。今期10ヶ月決算となりますので この月末で折り返しとなります。前半苦戦していますが 梅雨も開けました 日々積み上げて 後半の5ヶ月もしっかり成果を出していきましょう。

今日は今の商売には全然関係のない内容です。

うちの会社のルーツはアパレルだった という話です。

先日 6月に父親の一周忌をしました。九州の福岡に従兄弟がいるんですが 原点志向 の強みを持ってるんだと思います。 数ヶ月前から中江のルーツを調べたいと連絡があり 父親や祖父の戸籍を彼に送ったりしてたのですが その一周忌の時に京都の本家を訪ねに行こうと思ってるんです。という話があり一緒に京都に行ってきました。



本家の住所は僕は聞いたことが無かったのですが 彼は僕の父に聞いていたらしく その住所付近に行くと 中江が2軒 本家の方ともお話ができた。これが2ヶ月前の話です。

つい先日 大阪に行く機会があって 今度は祖父の 戸籍に載ってる 大阪の柴島という場所にとても行きたくなって行ってきました。

祖父が生まれた場所です。

事前にGoogleマップで見て想像していたのとは違って 非常に狭い 車も入っていきにくい昔ながらの路地で駐車スペースも無いような街でした。

事前に下調べをして何か残ってるかもしれない柴島神社に行ってみました。

氏子として当時栄えた柴島晒のしごとをしていたら 何か残ってるかもしれない。


想像していた通り

祖父の戸籍に載ってる先祖の名前が石碑に刻まれてました。


板書され奉納してる中にも 中江の名字が複数刻まれてました。



こちらは渋川流躰術

街の景色がすっかり変わっても寺や神社は残ってるもんだなと改めて感じました。

コメント

このブログの人気の投稿

僕の苦手な話 3つ

毎年恒例のうちわが今年も出来上がりました

車を購入しました